【2019.1.19更新】懸賞で当てるディズニーランド&シー貸し切りチケット~当選のまとめと応募のコツ~

3.ディズニーシーの貸し切りイベントについて

ディズニーランドと同様に、ディズニーシーにおいても、貸し切りイベントの懸賞が存在します。20191月に、ディズニーシーの貸し切りイベントを体験してきました。

当選したのはキッコーマンのキャンペーン

今回私が当選したディズニーシーの貸し切りイベントは、キッコーマン様が企画するキャンペーンで、ペア招待券でした。キッコーマンさんが主催する貸し切りイベントは、東京ディズニシードリームナイトと呼び、プレシャスナイトとは呼びません。キッコーマンのドリームナイト、プリマハムのプレシャスナイトと、企業によってイベント名は異なりますが、招待者のみが入園できる点など基本的な構成は同じとなっています。当選者は、貸し切りイベントのために用意された、特別なパンフレットをもらうことができます。それをもとにショーの時間などを確認することができます。 

ディズニーシー貸し切りイベントの様子

入園後すぐに当選者らを迎え入れてくれたのは、なんと、ミッキー・ミニー・ダッフィーらをはじめとする音楽隊でした。ここでゆっくり演奏を聴いてから奥に進むもよし、少し見てから先に進むもよしですが、入り口すぐの場所で演奏しているため、貸し切りイベントとは言え、少し混雑するのが注意点です。

中に進んでいくとディズニーランドの貸し切りイベントと同様、キャストの方が迎え入れてくれます。私はこの瞬間が一番幸せです。貸し切りイベントだということを実感できます。是非皆さんも、貸し切りの特別感に浸りながら、奥へと進んでいただければと思います。娘はお誕生日月だったため、お誕生日シールを張って入園しました。当然、キャストの方は声をかけてくれます。娘も幸せそうでした。

その後は閉園時間までショーやアトラクションを楽しむことになりますが、とにかくガラガラです。貸し切りイベントなので当たり前ですが、待ち時間がないのは本当にうれしいです。写真を下記に掲載しますので、ガラガラ具合を確認いただけると幸いです。

私たちはショーを見た後、タートルトークやアラジン、メリーゴーランドなど、娘が楽しめるアトラクションを中心に回りました。35周年ということで、特別な花火イベントもあり、まさにドリームナイトと呼べる、素敵な一夜でした。

4.一言アドバイス

懸賞で当てるディズニーランド&シー貸し切りチケット~当選のまとめと応募のコツ~はいかがでしたでしょうか。ディズニーチケットは人気があるため、応募総数が多くなりますが、当選枠の数も多いのが特徴です。201810月から201911月までに予定しているプリマハムのディズニーキャンペーンだけでも、計10回のキャンペーンが各地で開催されます。一度は体験したい特別な貸し切りイベント。感動し、病みつきになること間違いなしです。ぜひチャレンジしてみてください。

当てコツ~キッコーマンのディズニーシー貸し切り当選を例に~

私が実際に当選した、キッコーマンのディズニーシー貸し切りイベントを例に、当選に至るまでのポイントを整理してみました。まずは、今回の応募要件について振り返りたいと思います。

【キャンペーン名】キッコーマン豆乳キャンペーン
【第1期締め切り】2018831
【第2期締め切り】20181031
【対象商品】紙パックのキッコーマン豆乳類 
200ml
または500mlのバーコード 1
750ml
または1000mlのバーコード2
【応募商品】
A
コース(18点で応募)東京ディズニーシー貸切パーティードリームナイト招待券3名分
B
コース(12点で応募)東京ディズニーシー貸切パーティードリームナイト招待券2名分
C
コース(10店で応募)JCB商品券 1万円分
D
コース(2点で応募)キッコーマン豆乳詰め合わせ(20種類20本)

対象商品であるキッコーマンの豆乳を購入し、バーコードを必要分集めて応募するというクローズド懸賞でした。私は第2期の申し込みで、Bコースに当選しました。

当選を2倍の確率に

今回のキッコーマンさんの企画の場合、対象商品を6点まとめて購入し、その購入したレシートを応募用紙に添付すると、当選確率が2倍となるキャンペーンを実施していました。私もこの当選確率2倍のレシート添付をして、ディズニーシーの貸し切りチケットの当選に至りました。一方、これは失敗談になるのですが、第1期の申し込みの際は、レシート添付をせず、当選確率2倍の権利を使用しませんでした。もちろん当選はしませんでした。この選択に至ったのには理由があります。

二兎を追う

懸賞を効率よく進める方法の1つに、レシート添付が必須の懸賞と、対象商品のバーコードのみで応募できる懸賞を、組み合わせて購入し、1回の買い物で2回応募するというテクニックがあります。今回、ディズニーシーの他に、別の懸賞でも当選を狙うため、レシートは当選確率2倍のためではなく、違った懸賞のために使用しました。これが仇となり、二兎を追う者は一兎をも得ずの状態になってしまいました。ディズニー懸賞はそんなに簡単なものではないということを、身をもって経験しました。皆様も同じ失敗をしないように、ご注意いただければ幸いです。ディズニー懸賞は一点集中。これに限ると思います。

マラソンのように

皆さんがもし、ディズニーランドとディズニーシーの両方の貸し切りイベントを制覇したのであれば、皆さんの懸賞レベルはかなりのものです。懸賞の達人の世界に、一歩足を踏み入れたこといっても過言ではないでしょう。そんな皆様に、一言だけアドバイスです。

懸賞は老若男女問わず、だれもが楽しむことができ、長く続ければ続けるほど、素敵な懸賞仲間が増えていきます。また、有益な情報も入ってくるようになり、懸賞がいっそう楽しくなっていきます。マラソンのように長期戦ととらえて、途中で息切れしそうになったら、少し休みをとるなどして、人生を通して長く懸賞を楽しめるように、自分なりの工夫をしていただけると幸いです。懸賞を通して、みなさまの生活がますますハッピーになりますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローやツイート
\お待ちしてます/

About author

About author めぐめぐ

2016年より本格的に懸賞を開始。独自の研究を重ね、同年11月には懸賞専門雑誌「懸賞なび」にて、懸賞の達人として紹介される。翌年2017年には累計当選回数が1000回を超え、2019年1月には累計当選額1000万円越えを達成する。懸賞実績やブログでの情報発信等が評価され、書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」では、懸賞の達人として掲載される。各種イベント等でも幅広く活動する、懸賞ブロガー。