10万円相当の高級温泉旅館を高額当選。懸賞の当てコツ情報として整理してみた。

目利きの力について

懸賞を続けていると、これは応募した方が良いかなと、ある程度の目利きができるようになってきます。何か明確な法則があるわけではないのですが、私の場合は直感として、これは応募しなきゃと思うことが多々あります。

どの懸賞に応募すべきかを目利きする力は、懸賞の当選率を高めていく上で重要な要素になってきます。限られた時間やお金のなかで、何とかやり繰りをしていかなければいけません。ローラー作戦で目当たり次第に応募していくのは、当然非効率で、得策ではありません。私は本格的に懸賞をはじめて約3年になりますが、3年程度の経験値でも、大体の目利きができるようになってきます。2年前よりも1年前、1年前より今と、目利きの精度が上がっているようにも感じており、成功と失敗の経験値の量と目利きの力の間には、何らかの関係があるようにも感じています。

懸賞を始められたばかり方においては、特に、なかなか当選の知らせが来ず、挫折しそうな時があるかと思います。私もそのような時期がありました。月並みのコメントになりますが、石の上にも3年の気持ちで、細く長くでもいいので、懸賞を楽しみながら続けていただけると幸いです。昨日より、今日。今日より明日と、経験を積むごとに、目利きの力が上がってきますし、それにつれて当選数も増えてくるからです。

おそらく、目利きについては、「これであなたも目利きの達人」と、一朝一夕に身に着けられる便利なノウハウは無いと思っています。どちらかというと失敗と成功を繰り返しながら、第6感を磨いていく感じだと私は思っています。お住いの地域や興味のあるジャンルによっても変わってくると思いますし、自分なりの基準を見つけていくことが重要だと思います。いつになるかはわかりませんが、このうまく伝えられない目利きの感覚を、言葉にして説明できるように、感覚を研ぎ澄ましていきたいと思います。

次ページへ 続く ~驚きの高級旅館。これぞ懸賞の高額当選。~

(次ページへのリンクは、Twitterでフォローするの下にもあります。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローやツイート
\お待ちしてます/

About author

About author めぐめぐ

2016年より本格的に懸賞を開始。独自の研究を重ね、同年11月には懸賞専門雑誌「懸賞なび」にて、懸賞の達人として紹介される。翌年2017年には累計当選回数が1000回を超え、2019年1月には累計当選額1000万円越えを達成する。懸賞実績やブログでの情報発信等が評価され、書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」では、懸賞の達人として掲載される。各種イベント等でも幅広く活動する、懸賞ブロガー。