複数口の応募が出来る時、応募する名義を分けて応募しますか?~うさぎでも分かる懸賞当選教室case7~

めぐめぐは、応募名義を分ける派。その理由は?

早速結論ですが、めぐめぐさんは、複数口応募の際は、自分と旦那さんなど、応募者名を分けるとのことでした。
白うさぎ
白うさぎ

黒うさぎ
黒うさぎ
なるほどね。
確率論的には、どちらも同じように感じるんだけど、どうして分けて応募するの?

めぐめぐさん曰く、その時その時で、よく当たる名前があるんだそうです。
白うさぎ
白うさぎ

最近は旦那さんの名前で当選が多いなとか、めぐめぐの名前で当選が多いなとか、流れがあるとのことでした。
白うさぎ
白うさぎ

黒うさぎ
黒うさぎ
これは、あまり根拠がないな。

そうなんです。
白うさぎ
白うさぎ

黒うさぎさん、言わないで~ (≧◇≦)トホホ
白うさぎ
白うさぎ

黒うさぎ
黒うさぎ
まぁ、わからないからこそ、複数口の応募が出来る際は、複数の名前で応募するってことだね。

例えば、ビールやゴルフの懸賞だったら、旦那さんの名前の方が当たりやすいような気がして、旦那さんの名前で応募するとのことです。
確信が持てない懸賞は、ランダムに家族の名前で応募するそうです。
白うさぎ
白うさぎ

黒うさぎ
黒うさぎ
そういえば、そもそもめぐめぐは、複数口応募をあまりしないんじゃなかったっけ。

黒うさぎさん、そうなんです。
少し、補足説明をしますね。
白うさぎ
白うさぎ

次ページへ 続く ~めぐめぐは基本、1つのキャンペーンに1応募~

(次ページへのリンクは、Twitterでフォローするの下にもあります。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

フォローやツイート
\お待ちしてます/

About author

About author めぐめぐ

2016年より本格的に懸賞を開始。独自の研究を重ね、同年11月には懸賞専門雑誌「懸賞なび」にて、懸賞の達人として紹介される。翌年2017年には累計当選回数が1000回を超え、2019年1月には累計当選額1000万円越えを達成する。懸賞実績やブログでの情報発信等が評価され、書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」では、懸賞の達人として掲載される。各種イベント等でも幅広く活動する、懸賞ブロガー。