【No.24】コロナ前後の当選傾向を分析してみた①(当選回数ベース)~懸賞生活ブログ~

懸賞日記
直近3か月の当選割合の比較(コロナウイルス発生前後の同月比較)

当選傾向の分析

コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、キャンペーン賞品や応募方法が変化してきたと思います。

例えば、Zoomなどで参加するオンラインイベントが賞品になったり、おうちタイムを楽しむようなキャンペーンが増えたのは、分かりやすい変化の1つかと思います。

私自身の当選傾向はどのように変わったんだろうと興味を持ったので、簡単な分析をしてみました。

今日はその結果を紹介したいと思います。

 

◆分析方法の概要

・直近3か月の当選傾向を、コロナウイルス発生前の2019年と比較する。

・クローズド懸賞、オープン懸賞(はがき応募)、オープン懸賞(ネット・SNS)の3つのカテゴリーに分けて傾向を分析する。

 

◆結果

・オープン懸賞の当選が増えました。

・その中でもネットやSNSを使ったオープン懸賞の当選が増えました。

・オープン懸賞の当選が過半数を超えるようになりました。

直近3か月の当選割合の比較(コロナウイルス発生前後の同月比較)

◆追記

オープン懸賞(ネット・SNS)の当選には、ドリンクの引き換え券の当選など、当たりやすい少額の当選が含まれています。

そのため、当選金額で比較をすると、違った結果になる可能性があります。

当選金額の変化については、明日のブログで紹介したいと思います。

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日も素敵な一日になりますように。

 

懸賞日記
めぐめぐ。をフォローする
プロフィール

2016年より本格的に懸賞を開始。独自の研究を重ね、同年11月には懸賞専門雑誌「懸賞なび」にて、懸賞の達人として紹介される。1年後の2017年には累計当選回数が1000回を超え、2019年1月には累計当選額1000万円越えを達成する。異例のスピードで積み上げる当選実績が評価され、書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」では、懸賞の達人として記事が掲載される。その他、各種メディアでも幅広く活動する懸賞家。

めぐめぐ。をフォローする
新めぐめぐ懸賞当選ブログ(懸賞の達人)
タイトルとURLをコピーしました