【No.25】コロナ前後の当選傾向を分析してみた②(金額ベース)~懸賞生活ブログ~

懸賞日記
直近3か月の当選割合の比較(コロナウイルス発生前後の同月比較)

2年前と比較

おはようございます。

本日ですが、はでに寝坊してしまいました(>_<)

子どもが起きる前の朝の時間に、あれもこれもとやりたいことがたくさんあったので、悔やまれます。

うぅ~

自分だけの時間がほしい~と思う今日この頃です。

 

さて、昨日のブログでは、直近の当選数と2年前の当選数を比較した結果をご紹介しました。

簡単に概要をお伝えすると、直近3か月の当選数は2年前に比べて

 

・クローズド懸賞の当選割合が減少(当選数全体の50%から35%に)

・ネット懸賞の当選割合が増加(全体の5割に)

 

となりました。

詳しくはこちらのブログをご覧いただけたら幸いです。

【No.24】コロナ前後の当選傾向を分析してみた①(当選回数ベース)~懸賞生活ブログ~
当選傾向の分析コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、キャンペーン賞品や応募方法が変化してきたと思います。例えば、Zoomなどで参加するオンラインイベントが賞品になったり、おうちタイムを楽しむようなキャンペーンが増えたのは、分かり...

 

 

さて今日は、当選額に関する分析結果を紹介いたします。

直近3か月のと2年前の当選額を比較したグラフがこちらになります。

 

 

直近3か月の当選割合の比較(コロナウイルス発生前後の同月比較)

 

クローズド懸賞の当選割合(当選金額ベース)は2年前と同じ約50%でした。

オープン懸賞ははがき応募での当選割合が減って、ネット・SNS応募での当選割合が増えました。

 

 

みなさんの当選傾向はいかがでしょうか。

少しでもご参考になれば幸いです。

 

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

土曜日は1週間の中で一番当選品が届きやすい曜日となります。

皆さんの下にうれしい当選品が届きますように。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

懸賞日記
めぐめぐ。をフォローする
プロフィール

2016年より本格的に懸賞を開始。独自の研究を重ね、同年11月には懸賞専門雑誌「懸賞なび」にて、懸賞の達人として紹介される。1年後の2017年には累計当選回数が1000回を超え、2019年1月には累計当選額1000万円越えを達成する。異例のスピードで積み上げる当選実績が評価され、書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」では、懸賞の達人として記事が掲載される。その他、各種メディアでも幅広く活動する懸賞家。

めぐめぐ。をフォローする
新めぐめぐ懸賞当選ブログ(懸賞の達人)
タイトルとURLをコピーしました