プロフィール&当選実績

自己紹介(2019年10月更新)

当選実績

累計当選金額 14,009,185円(2019年10月末時点)

・累計当選回数 3,242回(2019年10月末時点)

当選額の計算にあたってのルール

1.はがき応募およびウェブ応募の両方の当選を含める。
2.イベント参加時におこなった抽選の結果も、当選額の計算に含める。
3.イベントチケットの当選の場合、そのイベントでもらう、お土産品の額も当選額に含める。
4.当選品の金額を算出する際は、定価を参考価格とする。
5.非売品など金額換算しずらい商品は、良識の範囲で適当と思われる金額を算出する。
6.友人とのお福分けは、当選額に含めない。ただし抽選による当選の場合は、当選額の計算に含める。

めぐめぐの懸賞活動の足跡

2016年

・結婚・出産を機に勤めていた会社を退職し本格的に懸賞を始める。

・懸賞なび11月号にて、懸賞の達人としてインタビュー記事が掲載される。

・アメブロ(めぐめぐ懸賞ブログ)のアクセス数が月間30万PVを超える。

懸賞なび2016年11月号

2017年

・ブログの運営をアメブロからWordpressに引っ越しし、ブログ名を「新めぐめぐ懸賞ブログ」に変更する。

・累計当選回数が1,000回を超える。

・累計当選金額が500万円を超える。

・書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」が発売される。有名懸賞達人としてインタビュー記事が掲載される(P38~41)。

懸賞 当てるコツ&裏ワザ100 Vol.1

2018年

・累計当選回数が2,000回を超える。

・累計当選金額が1,000万円を超える。

・第2弾となる書籍「懸賞当てるコツ&裏ワザ100(白夜書房)」が発売される。懸賞達人チームの一員として、対談記事が掲載される(P3~9)。

懸賞 当てるコツ&裏ワザ100 Vol.2 

2019年

・累計当選回数が3,000回を超える。

・「うさぎでも分かる懸賞教室」が、新めぐめぐ懸賞当選ブログのコンテンツに追加される。

・雑誌「サンキュ!6月号(Benesse Corporation )」において、めぐめぐの懸賞特集記事「ほぼ毎日当たってる人の1週間に完全密着! 」が掲載される(P108-110)。

サンキュ!6月号

・雑誌「懸賞当てるコツ&裏ワザ100 第3弾」において、めぐめぐのインタビュー記事が掲載される(P59、P66)。

懸賞 当てるコツ&裏ワザ100 Vol.3

懸賞 当てるコツ&裏ワザ100 Vol.3

・懸賞に関する質問を回答するWebサイト「懸賞知恵袋アイブリッジ株式会社様と白夜書房が共同で運営)」において、各質問に回答する懸賞の達人としてサイト運営に関与する。

 

・雑誌「サンキュ!12月号(Benesse Corporation )」において、懸賞特集記事「懸賞界の七福神の24時間」においてめぐめぐの1日が紹介される(P83-88)。

めぐめぐについて

1)出産・退職を機に懸賞に

私が小学生の時に母が懸賞でいくつか当選している姿を見て、懸賞に興味を持ち始めました。当時は少女漫画の「りぼん」や「なかよし」、「ちゃお」などに応募していました。

それから時が経ち2016年、出産を機に勤めていた会社を退職し、本格的に懸賞に取り組むようになりました。様々な懸賞本や懸賞の達人らのブログ等を研究し懸賞に臨むこと約1年半、累計当選総額が500万円を突破しました(2017年7月)。そして2019年1月には、念願の、累計当選総額1000万円を突破いたしました。

2)毎月300枚以上、平均70件の当選

子育てや主婦業の傍ら、毎月300枚以上の懸賞はがきを目安に応募しています。また、はがき懸賞に加え、WEB懸賞やモニター懸賞など、ジャンルを問わず様々な懸賞に応募しています。月あたりの当選数は平均して70件程度。特にレシートを絡めたクローズド懸賞やネット懸賞を得意としています。

2016年~現時点(2019年1月末時点)までに当選した懸賞のうち、1万円以上の大物当選は176回、10万円以上の超大物当選の回数は6回となります。ハワイ旅行をはじめとする海外旅行や豪華国内旅行、ディズニーランドホテル宿泊券、テレビ、ロボット掃除機等の高額当選が代表例です。

3)エンジョイ懸賞ライフ

懸賞生活を生涯にわたって楽むことをモットーとし、日々、楽しみながら懸賞を行っています。また、懸賞の輪が広がり、多くの人にとって懸賞が身近なものになってほしいと思い、ブログにて情報を発信しています。プロの懸賞家として認められるように、1つ1つ実績を積み重ねているところです。

本ブログでは当選報告のほか、懸賞に関する情報の発信等を行っていきます。皆さんと一緒に懸賞ライフを満喫できたら幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。最後までお読みいただき、ありがとうございました。