7.複数口の応募が出来る時、応募する名義を分けて応募しますか?~うさぎでも分かる懸賞当選教室

うさぎでも分かる懸賞当選教室とは

うさぎでも分かる懸賞当選教室では、本サイトに寄せられた懸賞に関する質問を題材に、懸賞に関する疑問を1つ1つ解消していきます。懸賞相談員の黒うさぎと白うさぎが、責任をもって、本教室を切り盛りしていきます。

黒うさぎの自己紹介

博学で論理的な思考を好む、本教室の懸賞相談員。めぐめぐの右腕的存在で、レシートを絡めたクローズド懸賞を得意とする。好きな食べ物は黒豆、黒豚、黒トリュフ。調味料は黒酢と決めている。

白うさぎの自己紹介

読書を好み、文学的な感覚に秀でた、本教室を切り盛りするもう1人の懸賞相談員。ディズニー懸賞など、競争率が高い大物当選を得意とする。めぐめぐの右腕よりひざ元が大好きな、大の甘えん坊。好きな食べ物は白飯とホワイトシチュー。ドレッシングはシーザードレッシングと決めている。

うさぎでも分かる懸賞当選教室case1より抜粋

複数口の応募が出来る時、応募する名義を分けて応募しますか?

今回で7回目の開校となる、うさぎでも分かる懸賞当選教室。

本教室に届けられた「複数口の応募が出来る時、応募する名義を分けて応募しますか?」という質問に対して、懸賞相談員の黒うさぎと白うさぎが、全力でお答えします。

白兎
白兎

黒うさぎさん、質問が届いていますよ。本日の質問はズバリ、「複数口の応募が出来る時、応募する名義を分けて応募しますか?」です!質問者様は、めぐめぐさんと同じ、子育て世代の懸賞ママとのことです。 早速回答していきましょう。

黒兎
黒兎

早速回答していきましょうと言われてもねぇ。質問の意図が良くわからないんだけど。

白兎
白兎

失礼いたしました。例えばレシートを絡めたクローズド懸賞に応募する際に、応募できるレシートが2口分、手元にあるとします。2口分とも同じ名前で応募するか、それとも一枚は自分の名前、一枚は旦那さんの名前と、応募者の名前を分けて応募しますか、という質問になります。

黒兎
黒兎

なるほどね。

白兎
白兎

いつものように、めぐめぐさんに話を伺ってきましたので、紹介しますね。

めぐめぐは、応募名義を分ける派。その理由は?

白兎
白兎

早速結論ですが、めぐめぐさんは、複数口応募の際は、自分と旦那さんなど、応募者名を分けるとのことでした。

黒兎
黒兎

なるほどね。 確率論的には、どちらも同じように感じるんだけど、どうして分けて応募するの?

白兎
白兎

めぐめぐさん曰く、その時その時で、よく当たる名前があるんだそうです。最近は旦那さんの名前で当選が多いなとか、めぐめぐの名前で当選が多いなとか、流れがあるとのことでした。

黒兎
黒兎

これは、あまり根拠がないな。

白兎
白兎

そうなんです。黒うさぎさん、言わないで~

黒兎
黒兎

まぁ、わからないからこそ、複数口の応募が出来る際は、複数の名前で応募するってことだね。

白兎
白兎

例えば、ビールやゴルフの懸賞だったら、旦那さんの名前の方が当たりやすいような気がして、旦那さんの名前で応募するとのことです。 確信が持てない懸賞は、ランダムに家族の名前で応募するそうです。

黒兎
黒兎

そういえば、そもそもめぐめぐは、複数口応募をあまりしないんじゃなかったっけ。

白兎
白兎

黒うさぎさん、そうなんです。 少し、補足説明をしますね。

めぐめぐは基本、1つのキャンペーンに1応募

白兎
白兎

スーパーに行く際は基本、何かしらの懸賞を絡めて買い物をするめぐめぐさん。もちろん、応募用のレシートが複数枚できて、複数口に応募することもあるそうですが、基本は、1つのキャンペーンに1応募だそうです。

黒兎
黒兎

何か理由とか聞いてきた?

白兎
白兎

いくつか理由があるそうですが、一番の理由は、1つのキャンペーンに期待を込めすぎると、外れた時のショックが大きくなるからだそうです。

黒兎
黒兎

あまり一喜一憂しないことが長く懸賞を続けるコツだって言ってたよね。

白兎
白兎

はい、そうなんです。例えばめぐめぐさんは以前、ハワイ旅行を当選したんですが、その時も1通の応募だったそうです。

黒兎
黒兎

逆に、このケースだけは複数口の応募をするっていう懸賞はないの。

白兎
白兎

人気のあるディズニー懸賞などは、ある程度の応募が必要で、キャンペーン期間中は、対象商品を使った夕ご飯が続くそうです。

黒兎
黒兎

なるほどね。 やっぱりディズニーは特別だね。そのほかには?

白兎
白兎

例えば1月のようにキャンペーン自体が少ない時は、どうしても、同じキャンペーンで複数口の応募になってしまうそうです。狙って複数口を応募するというよりは、買い物の中で自然と複数口ができてしまうので応募するという感じだそうです。

黒兎
黒兎

1月は確かに、キャンペーンが少ないしな。シロ、今日もありがとう!

白兎
白兎

以上、白うさぎからの調査報告でした。本日もご閲覧、ありがとうございました!

さいごに

本日は「うさぎでも分かる懸賞当選教室」に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回の懸賞教室も是非ご参加ください。