8.ネット懸賞でのコメントはどのようにしていますか?

うさぎでも分かる懸賞当選教室とは

うさぎでも分かる懸賞当選教室では、本サイトに寄せられた懸賞に関する質問を題材に、懸賞に関する疑問を1つ1つ解消していきます。懸賞相談員の黒うさぎと白うさぎが、責任をもって、本教室を切り盛りしていきます。

黒うさぎの自己紹介

博学で論理的な思考を好む、本教室の懸賞相談員。めぐめぐの右腕的存在で、レシートを絡めたクローズド懸賞を得意とする。好きな食べ物は黒豆、黒豚、黒トリュフ。調味料は黒酢と決めている。

白うさぎの自己紹介

読書を好み、文学的な感覚に秀でた、本教室を切り盛りするもう1人の懸賞相談員。ディズニー懸賞など、競争率が高い大物当選を得意とする。めぐめぐの右腕よりひざ元が大好きな、大の甘えん坊。好きな食べ物は白飯とホワイトシチュー。ドレッシングはシーザードレッシングと決めている。

うさぎでも分かる懸賞当選教室case1より抜粋

ネット懸賞でのコメントはどのようにしていますか?

今回で8回目の開校となる、うさぎでも分かる懸賞当選教室。

本教室に届けられた「ネット懸賞でのコメントはどのようにしていますか?」という質問に対して、懸賞相談員の黒うさぎと白うさぎが、全力でお答えします。

白兎
白兎

黒うさぎさん、質問が届いていますよ!本日の質問はズバリ、「ネット懸賞でのコメントはどのようにしていますか?」です!!

黒兎
黒兎

確か以前、めぐめぐはどんなコメントを書いていますかって質問があったよな。

白兎
白兎

はい、5回目の授業で取り上げさせて頂きましたが、今回は、ネット懸賞に絞ったお悩み相談になっています。

黒兎
黒兎

なるほどね。 前回は、はがき懸賞を例にしたコメントの紹介だったしね。

白兎
白兎

質問者様としては、ネット懸賞の中には「コメント欄」とだけ書いてあるものもあり、何を書いたらよいか悩んでいるとのことでした。いつものように、めぐめぐさんに話を伺ってきましたので、紹介しますね。

コメントなしのネット懸賞。コメント必須のネット懸賞。

白兎
白兎

早速結論ですが、めぐめぐさんは、コメントなしの懸賞、簡単なコメントのみを残す懸賞、コメント必須の懸賞と3種類に分類しているとのことでした。

黒兎
黒兎

その辺は、はがき懸賞とネット懸賞に違いはないみたいだね。例えば、コメントを書かないネット懸賞ってどんなやつ?めぐめぐは何か言ってた?

白兎
白兎

大量当選系のネット懸賞は、コメントを書かないと言っていました。
良い例が手元になく、はがき懸賞の例になってしまいますが、写真にあるように「1万名に当たる!」という懸賞は、コメントを書かないとのことでした。

大量当選の懸賞の例 photo by めぐめぐ
黒兎
黒兎

その心は?

白兎
白兎

書かなくても当たるからとのことです(´▽`)

黒兎
黒兎

めぐめぐっ(≧◇≦)

白兎
白兎

めぐめぐさんは、効率主義なところがありますからね。

黒兎
黒兎

逆に、コメント必須のネット懸賞ってどんなやつなの?

白兎
白兎

はがき懸賞と同様ですが、メディア系など、コメントに目を通してくれるネット懸賞とのことです。〇〇が特に参考になりましたなど、企業側の人が参考となるようなコメントを添えるそうです。ディズニー懸賞は、コメントを見てくれているか確信を持てないのですが、夢の国は特別なので、念のため、しっかり目にコメントを書いているとのことでした。

黒兎
黒兎

ディズニー愛をアピールするんだね。

白兎
白兎

はいっ(≧◇≦) あとは、モニター系の懸賞は、コメント必須とのことでした。「SNSで紹介します」など、キャンペーンを企画してくださっている企業様に対して、自分がどのように役立てるのかをコメントするそうです。

コメントを書こうかどうか迷うネット懸賞

黒兎
黒兎

コメントを書くかどうか迷うネット懸賞もあると思うんだけど、その時ってどうしているって言っていた?

白兎
白兎

はい、その点も聞いてきました。そういった時は「素敵なキャンペーンをありがとうございます。」や「ご縁がありましたら、よろしくお願いします。」など、簡単なコメントを残すそうです。

黒兎
黒兎

単純(;゚Д゚)~

白兎
白兎

コメントをしっかりと書くネット懸賞が1としたら、コメント書かない懸賞が5、簡単なコメントのみを書く懸賞が4ぐらいの割合とのことです。

黒兎
黒兎

力の入れぐらいの見極めなんだね。

白兎
白兎

まさにそうなんだと思います。 ネット懸賞においては、考えすぎて応募数が少なくなってしまう方がデメリットなので、悩んだら簡単なコメントか、コメントなしで投稿とのことでした。

失敗談

白兎
白兎

めぐめぐさんなんですが、最近のネット懸賞で失敗したなぁ~と反省した例があるそうなんです。

黒兎
黒兎

えっ何だろう。

白兎
白兎

ZOZOの前澤社長の、100万円お年玉キャンペーンだそうです。厳選な抽選かなぁと思って、コメントなしでエントリーしたら、コメントが超重要なキャンペーンだったという失敗談です。

黒兎
黒兎

やっちゃったな。めぐめぐ、修行が足りないぞ!!

 【参考となるオススメ記事】

懸賞に応募する際、どんなコメントを書いていますか?

さいごに

本日は「うさぎでも分かる懸賞当選教室」に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次回の懸賞教室も是非ご参加ください。